未分類

S BLOCKのステーキングとは?再ステーキングのおすすめのタイミングはいつ??

 

最新の配当型ウォレット「ITGウォレット」はこちらです!!

 

http://www.xn--gcgasia-ov0mq15d.com/?p=196

 

黒のブローカー
黒のブローカー
ITGウォレットに関する質問、相談を受け付けてます。また、対面での確実な相対取引もお任せください。全国どこでも可能です。
LINE@から要件を送っていただけたら対応致します。LINE@はこちら

 

今回はS BLOCKの特徴の一つともいえる「ステーキング」について、解説していきたいと思います。

 

S BLOCKを始めたい方はこちら

 

S BLOCKのステーキングとは??

ステーキングとは、暗号通貨を専用のウォレット(ここでいうところのS BLOCK)等にロックして預け、分散型ネットワークの運用へ参加することです。

そして、参加することによって配当が得られます。

暗号通貨の代表的なアルゴリズムとして、Proof of Work(PoW)Proof of Stake(PoS)があります。

まず、PoWはビットコインなどが採用するアルゴリズムでブロックを採掘して報酬をもらうために膨大な計算作業を行います。

それに対して、

PoSはコインの保有量と保有期間をかけ合わせたウェイトに応じて、ブロックを採掘でき報酬をもらうことができます。

PoSにおけるステーキングは、ウォレットに保管しているだけで自動的にコインが増えていきますが、ウォレットを起動して、オンラインにしておく必要があります。

簡単に説明すれば銀行に預けた暗号通貨に利子が付くようなイメージで、

S BLOCKの場合は、月利6~15%とほかのステーリングでの利子よりも高くなっております。

 

S BLOCKのステーキング方法

ここでは、S BLOCKのステーキング方法について解説していきます。

①S BLOCKへ暗号通貨の送金

まず、ステーキングをされる前に送金はお済みでしょうか??

現在取り扱っている暗号通貨は

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・ライトコイン(LTC)

・テザー(USDT)

の4種類です。

*2019/6/27時点

 

お済でない方は、まずは各自取引所から送金お願いします。

②S BLOCKへのステーキング

1.下部「S-Key」を選択し、左上の「高頻度量化」を選択する。

2.ステーキングする通貨を選択し、量化数を入力する。

*量化数は10ドル単位です。

あとは完了を押していただけると、ステーキング完了です。

ステーキング中の暗号通貨と再ステーキングについて

ステーキング中の暗号通貨の価格変動

 

たとえば、1ビットコイン(BTC)が1万ドルのときに、1BTC保有しており、1万ドルをステーキングします。

その後、ステーキング中に、ビットコイン(BTC)が1万1千ドルに価格変動しました。

この場合、ビットコインの枚数でロックをかけさせていただいているので、ステーキング解除すると1万1千ドル返ってきます。

ここで注意点ですが、ステーキング中に価格が上がっても、配当はステーキング開始時の値の月利6~15%です。

 

そこで、再ステーキングが出てきます。

再ステーキングのタイミングは?

上記にあるとおり、ステーキングしているときに暗号通貨が価格上昇すれば、

ステーキング解除して、再ステーキングしたほうが得になります。

1BTC=1万ドル→ステーキング 1万ドルに対する6~15%の配当

→ステーキング解除→1BTC=1万1千ドル

1BTC=1万1千ドル→再ステーキング 1万1千ドルに対する配当

この違いがあるため、かなり大きいと思います。

ですが、肝心なのは手数料です。

ステーキングする際は手数料がかかりません。

 

ステーキングを解除する際の手数料は、

・1か月以内 5%

・1か月経過後 1%

ですから、

一番おすすめのステーキングを解除するのは、1か月経過後かつ暗号通貨が上がったタイミングということです。

 

ですが、なかなか難しいですよね?

そこで師匠からのアドバイスがあります。

再ステーキングの攻略法

わさび先生
わさび先生
攻略法を教えるぞい。攻略法とはつまりコレじゃ

 

攻略法その①

追加入金での増資です。

考え方としては、手数料を引かれてもフィアットベースのステーキング額の方が増加率が高い場合、それにより得られるSBOトークンの今後の値上がり益の方が、ステーキング解除で引かれた手数料分のコインの値上がり益より大きいと考える場合に、有効であると推測します。

長い目で見れば、BTC価格は上昇するでしょうし、1ヶ月経過後に、価格がステーキング時よりある程度上がっていたら、再ステーキングを検討する考え方の方がいいかもしれませんね。
相場次第かとは思いますが。

なので、再ステーキングで投資額を増やすのではなく、追加入金で増やす方が、コスト面から考えてもお得だと思います。

攻略法その②

もしくは一ヶ月毎に検討ですね。何度も続けての再ステーキングは逆に効率が悪くなる可能性があります。

とりあえずしばらくは、余剰資金があれば、貯蓄のつもりでSBLOCKのステーキングにマメに突っ込んで置くのが正解かと考えています。

 

S BLOCKのステーキングについて まとめ

 

いかがでしたでしょうか??

あくまでも投資は個人の判断でお願いします。

もちろん可能性のあるものにはどんどん投資していきましょう。

また最新の投資情報の配信もしておりますので、LINE@への登録もお願い致します。

LINE@ 登録はこちら

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。