NEWS

なぜオーケーコインは規制の厳しい日本へ進出したのか?

コインチェック

オーケーコインが日本でのライセンスを取得


世界的な仮想通貨取引所オーケーコイン(OKCoin)は、今年3月に日本の関東財務局から「仮想通貨交換業者(現:暗号資産交換業者)」としてのライセンスを取得しました。

日本は仮想通貨市場が活発なことで知られていますが、新たに日本でのサービスを始めるオーケーコインは、機関投資家の参入を見込んでいるようです。

オーケーコイン・ジャパン(OKCoin.jp)ジョン・フェンCEOは、次のように語りました。

日本には、大きな資金があることが魅力です。

日本では金利が非常に低いため、不動産や株式の収益性は低くなっています。

資産運用企業や大手の保険会社は、資産の収益を少しでも高めたいと考えています。

また、日本の厳しい規制体制は、安心できる市場として多くの国際的な企業から高い注目を集めています。

それはまるで、外国為替市場のようです。

日本に国際的な企業が集まり、そういった状況は、個人の投資家にとっても魅力的に見えます。

さらにフェン氏は、日本はアメリカに次いで仮想通貨取引が活発なことや、日本円は米ドルやユーロに次いで強い通貨であることも、日本が魅力的である点として挙げました。

今回の日本への進出に関し、フェン氏は次のように述べ、自信を見せています。

オーケーコインのような大手取引所が日本でのサービス提供を開始させれば、投資家はオーケーコインのことを、より安全な取引所だと思うでしょう。

オーケーコインがライセンスを取得するまでの軌跡と今後の展望


もともと「ビッグ3」と呼ばれた中国の仮想通貨取引所だったオーケーコインは、2017年に中国が仮想通貨取引を禁止したことに伴い、拠点をマルタなど複数の場所に移しました。

そこからオーケーコイン・ジャパンが日本でライセンスを取得するまでの道のりは、とても長いものでした。

日本での仮想通貨に対する法規制が始まり、2017年9月に、16の取引所にライセンスが交付されました。

その時のオーケーコイン・ジャパンは設立されたばかりで、まだライセンスの取得に向けて準備を進めているところでした。

しかし2018年1月に、いわゆる「コインチェック事件」による巨額の盗難事件が発生し、実質的に新たなライセンスの交付がストップしてしまいました。

ライセンス取得への審査はより厳しくなり、自主規制団体として設立された「一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)(現:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)」への加入や、そこで定められた自主規制ルールの順守なども求められるようになりました。

「コインチェック事件」から約1年を経過する頃から、新たなライセンスの交付が行われるようになりましたが、高い安全性が求められるようになった取引所の負担は大きくなりました。

その間に、世界的な仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)は、日本でのサービス開始を断念しました。

日本でライセンスを取得するためには、一般的な金融機関と同程度のマネーロンダリング防止(AML)顧客確認(KYC)への取り組みが求められています。


そして今年3月に、オーケーコイン・ジャパンは、晴れて日本の暗号資産交換業者としてライセンスを取得しました。

これまでにライセンスを取得した外国企業は、既存の日本の取引所を買収する形で日本への参入を果たしていました。

オーケーコイン・ジャパンは、独力で日本でライセンスを取得した最初の外国企業であると主張しています。

日本では5月1日から仮想通貨に関する法律が改正され、日本でも人気だった仮想通貨FX取引所ビットメックス(BitMEX)が日本市場から撤退することが発表されています。

オーケーコイン・ジャパンフェンCEOは、日本での仮想通貨取引の80%はFX取引などのデリバティブ取引が占めていると指摘しています。

現時点では7月に開始されるサービス内容は現物取引のみとなっていますが、FX取引などの仮想通貨取引サービスの多角化に向けて、準備を進めているようです。

まとめ

今年7月にサービス開始が予定されているオーケーコイン・ジャパンですが、日本の仮想通貨界にどのような影響を与えるのでしょうか?

日本では、厳しい規制によって世界的にもレベルの高い安全や安心が担保されていますが、取引所によるサービスの差は出しにくくなっています。

独力で日本進出にこぎつけたオーケーコインは、世界で培ったノウハウを、どのように日本に持ち込もうとしているのでしょうか?

Why Crypto Exchange OKCoin Jumped Through Hoops to Get Licensed in Japan
(仮想通貨取引所オーケーコインが困難を乗り越え日本でライセンスを取得する理由)
コインチェック