NEWS

LGグループが顔認証での仮想通貨決済サービスをテスト中

コインチェック

LGグループ内で顔認証決済をテスト中


韓国のLGグループは、最新のブロックチェーン技術を用いて、顔認証で仮想通貨決済を行う方法をテストしていることを明らかにしました。

グループのIT子会社LG CNSは、従業員食堂の一つに顔認証と人工知能(AI)を組み合わせたブロックチェーンテクノロジーを導入しました。

利用者の顔をスキャンし、利用者の仮想通貨ウォレットから自動で支払いが行われます。

そのため、利用者は現金を用意する必要がありません。

顔認証による決済は現金だけでなく、カードやスマホなどの物理的なものも不要です。

そのため、他の決済方法と比べると利便性ではるかに優れているとしています。

LG CNSソリューションビジネス開発マネージャーのイ・ジョンウォン氏は、次のようにコメントしています。

人々がテクノロジーの利便性に触れるにつれ、仮想通貨が広く普及することを期待しています。

ブロックチェーンベースの仮想通貨はAIと相性がよく、多くの人にとって便利なサービスの提供が可能になります。

非対面でのサービスが求められており、トランザクションの信頼性を向上させる上でも、ブロックチェーン技術がより広く利用されるようになるでしょう。

顔認証決済で人々の健康を守る


コロナウイルスのパンデミックによって、人と人とが接触する機会を減らそうという努力が重ねられています。

顔認証で決済を済ませることができれば、感染のリスクから互いを守ることが可能になります。

現時点ではLGの一つの場所でしか利用できませんが、今後はグループ内のカフェや売店などへ展開する予定としています。

LGでは既に、4月初旬にグループ本社でAIを用いた顔認証で、ドア開閉ができるようにしています。

この技術では、誰がどこにいるかを把握することも可能です。

AIはマスク着用の有無も判断することができ、マスクを着用している人の立ち入りを拒否することもできます。

顔認証AIとブロックチェーン決済を組み合わせることは、感染症の広がりを防ぐ上で、はっきりとしたメリットを示しています。

LGグループ内でのテストが成功すれば、この技術を商業的に展開することも想定しているようです。

小売業やサービス業などの商店で、顔認証という安心・安全な新たな決済手段が始まろうとしています。

まとめ


顔認証と言えば近未来的な印象を持っていましたが、実用化がすぐそこまで来ているようです。

少し前に、iPhoneの顔認証は”お面”で破れることが話題になっていましたが、決済において間違いは許されません。

正確で間違うことがない顔認証システムが確立できれば、大きな進歩です。

買い物をするのに、財布もカードもスマホも必要ないという時代が、もうすぐそこまで来ています。

LG trials digital currency payments via face recognition
(LGが顔認証で仮想通貨決済をテスト)
コインチェック