NEWS

FBIがコロナウイルスに関する詐欺案件に注意喚起

コインチェック

FBIがコロナウイルスに関する詐欺案件に注意喚起


コロナウイルスのパンデミックを利用して、悪意をもって詐欺などの犯罪が発生するということは、誰にでも想像できることです。

米国連邦捜査局(FBI)は、詐欺師がコロナウイルスを利用して、法定通貨だけでなく仮想通貨も利用して犯罪が行われていることに注意を促しています。

FBIは、次のように説明しています。

高齢者を中心とした全ての人々が、仮想通貨関連の詐欺犯罪の犠牲になっています。

仮想通貨技術の発展や、仮想通貨技術を取り入れるサービスの増加により、仮想通貨は一般の人々にも徐々に知られるようになってきました。

オンラインで流通する仮想通貨には世界中に多くのサービスプロバイダが存在し、そのことを犯罪者は利用しています。

多くの金融犯罪やマネーロンダリングに、仮想通貨が利用されるケースが増えています。

ほとんどの仮想通貨利用者は多くの詐欺が潜んでいることに気付いており、犯罪から逃れる術を知っています。

しかし十分な知識を持っていない場合、犯罪者からは”カモ”と見られてしまいます。

現在、コロナウイルスに関する寄付を募る大量のメールが送信されているようですが、十分注意して内容を確認しなければなりません。

寄付を募るほとんどのメールは、詐欺師が”カモ”を探しているからです。

近年の仮想通貨を利用した詐欺の手口


FBIは、次のようにも述べています。

詐欺の手口では、ICO(Initial Coin Offering)などで新しい仮想通貨を売ろうとします。

その説明では、真実と言うには“理想的”過ぎる将来が語られています。

仮想通貨の仕組みがあまり理解されていないことを利用して、短期的、少額の投資で、考えられないほどのリターンをもたらすと説明されます。

法定通貨と比較すると、仮想通貨の送金はとても簡単です。

送金手数料は安く、所要時間は早く、国境も関係ありません。

しかし送金された資金を追跡しようとすると、多くの障害が待ち受けています。

多くの国が仮想通貨への法整備に取り組んでいる途中であり、詐欺で奪った資金が最終的に誰の手に渡ったのかを追跡することは、現実的に不可能に近くなります

現段階では、仮想通貨の利用者個人が十分な知識を持って予防策を講じる必要があります。

まとめ

コロナウイルスのパンデミックに乗じて、詐欺師たちは暗躍しています。

匿名性が高く、ボーダレスな金融を実現させる仮想通貨を悪用し、犯罪を容易にしています。

上手い話には必ず”裏”があります。

国などによる法整備も、まだ始まったばかりです。

大切な資産を守るためにも、十分な知識と慎重さが必要です。

FBI warns of rise in digital currency scams amid COVID-19 pandemic
(FBIはコロナウイルスのパンデミックに関する仮想通貨詐欺の増加を警告)
コインチェック