NEWS

誰でもビットコインのマイニングに参加して報酬がもらえるって本当?

コインチェック

ビットコインのマイニングとは?


仮想通貨のマイニングに参加することは、ブロックチェーンの理解を深め、報酬を得ることもできる優れた方法です。

2008年に始まったビットコイン(BTC)マイニングは、マイニングシステムの先駆けとして始まりました。

マイニングは、ビットコイン・ネットワークにセキュリティをもたらすとともに、トランザクションを処理します。

マイニングへの参加者はマイナーと呼ばれ、ビットコインを報酬として受け取ります。

マイニングを行うために、マイナーハッシュ関数の計算を行わなければなりません。

ビットコインの場合は、「SHA-256」と呼ばれるハッシュ関数を採用しています。

新たなブロックが生成されるタイミングでマイニングが行われ、最も速く計算したマイナーにだけ、報酬が支払われます

マイニングのために必要なマシン「ASIC」


マイニングのために、SHA-256の計算を行う専用マシンが開発されています。

GPUやCPUなどの市販のコンピュータに内蔵されているハードウェアを利用してハッシュ計算を行うことも可能ですが、利益を出すほどのマイニングを行うことは現実的に不可能です。

マイナーは、SHA-256の計算を行うことができる「ASIC」と呼ばれる専用マシンを使用しています。

ASICの性能は、計算処理能力を示す「ハッシュレート(テラハッシュ:TH/s)」と、消費電力を示す「ワット(W)」によって示されています。

高いハッシュレートと少ない消費電力が、より良いASICを示します。

次の表は、収益性の高いとされるASICマシンです。

ただし、新しいASICマシンのモデルがリリースされると、販売価格は大きく変わることもあります。

また、ASICマシンを稼働させるには、専門知識も必要となってきます。

商品名 ハッシュレート(TH/s) ワット(W) 販売価格(ドル)
Antminer S19 Pro 110 3,250 2,900
Whatsminer M30S ++ 112 3,472 1,800
Hummer Miner H9 Pro 84 3,360 1,600
Canaan Avalon 1166 68 3196 不明
INNOSILICON T3 + 67 3,300 2,000

マイニングするならマイニング・プールに参加しよう


2020年4月時点で、Antminer S19 Proは1日当たり約9ドル、INNOSILICON T3 +は約4ドルの収益を生み出します。

ただしこの金額は、電気料金やビットコインの市場価格によって大きく変動します。

計算上、利益を出すことは可能ですが、ASICマシンは高額な投資です。

初期費用を回収するのに、1年以上かかるかもしれません。

そして残念ながら、新しいASICマシンがリリースされるサイクルは短く、すぐに時代遅れの金属のかたまりになってしまいます。

新製品が発売される直前に、大幅にディスカウントされた価格で売りに出されるASICマシンもありますが、そういったものに手を出すことはお勧めしません。

ビットコイン・マイニングは競争が激しく、必要とされるハッシュレートは急上昇しています。

その要因に、大規模なマイニング・ファームの台頭が挙げられます。

個人でもマイニング・ファームと競争できますが、勝ち目はありません。

もし個人でマイニングに参加したいなら、マイニング・プールへの参加がお勧めです。

マイニング・プールに自分のハッシュレートを提供し、その対価として報酬を受け取ります。

参加にはいくらかの手数料が必要ですが、マイニング・プール全体で獲得したマイニング報酬は、参加者全員に配分されます

まとめ


個人でもビットコイン・マイニングに参加することは可能ですが、報酬が得られる可能性はゼロです。

マイニング・プールに参加すればある程度の報酬を得ることは可能ですが、安定した収益を上げるには大掛かりな設備投資が必要になります。

個人がマイニングに参加する最大のメリットは、より仮想通貨を理解し、そのネットワークに自分も参加できるということです。

仮想通貨で収入を得るというのは最も大切な楽しみですが、参加するという少し視点を変えた楽しみ方もあります。

How to Mine Bitcoin: Complete Guide For Beginners
(ビットコインをマイニングする方法:初心者ガイド)
コインチェック