EXCHANGE

GMOコインの開設方法とビットコインの購入方法について

ビットコインに興味があるけど買い方が分からない、という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

取引所の口座開設で個人情報の入力や本人確認がややこしそうという不安もあるかもしれません。

日本には初心者向けの取引所がいくつかありますが、特におすすめなのがGMOコインです。

口座開設も簡単ですし、販売所形式で初心者でも簡単に仮想通貨を買うことができます。

この記事ではGMOコインの開設方法やビットコインの購入方法など基本的なことを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

今すぐに口座開設する

コインチェック

GMOコインとは?どんな取引所?

GMOコイン引用:GMOコイン

まずGMOコインとはどんな取引所なのか、概要や特徴について紹介します。

GMOコインはどんな取引所?

GMOコインは2016年設立の仮想通貨取引所で、その名前からわかるとおりGMOグループの仮想通貨取引所です。

GMOといえばインターネット関連の上場企業で、GMOクリック証券というネット証券も運営しています。

インターネット事業でも金融関連でも実績があったGMO グループが新たに仮想通貨業界にも進出したのがGMOコインというわけです。

GMO コインは2017年の夏に金融庁の認可を受けて正式な仮想通貨交換事業者として営業しています。

GMO はもともとインターネット事業が専門なのでセキュリティ関係についても技術力がありますし、東証一部上場企業ということもあり安心感がある取引所です。

ネット証券やFX取引所で知名度がありますので、仮想通貨取引所としても抵抗なく利用できると感じている人が多いようです。

取引所の使い勝手も初心者でも簡単に利用できるようになっていますので、サービス開始以来順調に利用者が増えています。

GMOコインは何ができる取引所?

GMOコインは以下の3種類の取引方法で仮想通貨の売買ができる取引所です。

GMOコインの取引方法は3種類
  • 販売所形式
  • 取引所形式
  • レバレッジ取引

しかも、8種類ある取り扱い仮想通貨のうち5種類はこの3つの取引方法すべてに対応しています。

それぞれどんな取引方法なのか簡単に紹介します。

販売所形式

まず、GMOコインから直接仮想通貨を購入したり、GMOコインに買い取ってもらう初心者向けの販売所形式が利用できます。

販売所形式は買いか売りかと数量(金額)を入力するだけで待ち時間なしですぐ取引できますので初心者向けです。

取引所形式

少し取引経験がある人は取引板を使ってGMO コインに登録しているユーザー同士の取引もできます。

こちらは取引所形式と呼びますが指値注文ができますので、取引価格を自分で指定できるのがメリットです。

価格をユーザー同士で決めますので、業者が決めたスプレッドがなく、取引時の手数料が安く済みます。

GMOコインなら取引経験が豊富な人でも満足することができるでしょう。

まずは販売所形式で仮想通貨の取引を体験してみて、慣れてきたら板取引にチャレンジするということもできますよ。

レバレッジ取引

さらに倍率最大4倍のレバレッジ取引もできます。

日本ではレバレッジ取引はビットコインだけしか対応していないという取引所が多いですが、GMOコインはアルトコインも含めて5種類の通貨でレバレッジ取引が可能です。

そして、GMOコインはビットレ君というレバレッジ取引専用のスマホアプリがあるのも特徴です。

ビットレ君はGMOコインのサービス開始当初から提供されていて、外出先でレバレッジ取引ができるツールとして評判が良いです。

GMOコインの取り扱い仮想通貨は8種類

様々な仮想通貨

GMOコインの取り扱い仮想通貨を見ていきましょう。

現在取引できるのは以下の8種類です。

通貨名 販売所形式 取引所形式 レバレッジ取引
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
ネム × ×
ステラルーメン × ×
ベーシックアテンショントークン × ×

日本の取引所はビットコインとイーサリアム、リップルはほとんどの取引所が取り扱っています。

GMOコインではそれに加えてネムやステラルーメンなど若干マイナーなアルトコインも取り扱っているのが特徴です。

コインチェックと比べるとさすがに少し少ないですが、GMOコインも豊富な種類を取り扱っています。

GMOコインの特徴とメリット

日本国内、国外ともにたくさんの取引所がありますが、GMOコインはどんな特徴を持っているのか、GMOコインを選ぶメリットはどのようなところなのか解説します。

仮想通貨が初めてでも使いやすい

GMO コインは自分の取引経験に応じて3種類の取引方法から選べますので、仮想通貨が初めてでも安心して利用できるのがメリットです。

これまで仮想通貨を買ったことが一度もない完全な初心者にもおすすめです。

GMOコインでは、取り扱い仮想通貨の全種類が販売所形式で取引できますので、取引経験が全くない人でも使いやすいのがメリットです。

しかも運営会社が東証一部上場企業ということもあり企業の信頼性も高く、セキュリティ対策もしっかりしていますので、大切な資産を安心して預けることができるでしょう。

まずは仮想通貨投資がどんなものか試してみたいという人は、500円〜1000円程度のお小遣いから始めることができます。

各種手数料が安い、または無料

GMOコインは大手企業の取引所ですが、利用するにあたって手数料が安いというメリットもあります。

大手はスプレッドが広かったり手数料が高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが 、GMOコインはコスト面でも優秀です。

特に注目なのがクイック入金も含めて日本円の入出金手数料が完全無料になっているところです。

他社の取引所では銀行振り込みは入金手数料が無料でも、コンビニ入金などのクイック入金を利用すると、1回あたり数百円の手数料がかかる場合があります。

GMOコインはクイック入金も含めて手数料が無料なので、お小遣い程度の少額でも気軽に入金できるのがメリットです。

さらに、取引でかかる手数料でも、ユーザー同士での板取引ができますので、スプレッドの負担を避けることができます。

もちろん口座開設費用や口座維持費用は無料なので、手数料にこだわって取引所を選びたい人にもおすすめです。

取り扱い仮想通貨の種類が多い

取り扱い仮想通貨の種類が多いのもメリットです。

すでにご紹介したように8種類の仮想通貨を取り扱っており、国内の取引所では比較的多い方です。

上場銘柄の種類が多いほど取引のバリエーションが広がりますので、取引できるアルトコインの種類が多いというのはメリットとなります。

レバレッジ取引も充実

人によってはレバレッジ取引ができるのもメリットとなるでしょう。

日本の取引所でレバレッジ取引がメインなのは DMMビットコインですが、GMOコインも負けないくらい豊富な種類の通貨でレバレッジ取引ができるようになっています。

日本の取引所ではビットコインしかレバレッジ取引ができないということも多いですが、GMOコインは取り扱い通貨のほとんどでレバレッジ取引が可能です。

GMOコインでは現物取引とほとんど同じような取引システムでレバレッジ取引もできます。

FX経験がある人はもちろん、仮想通貨のレバレッジ取引が初めての人にもおすすめできます。

アプリでレバレッジ取引ができる

GMOコインのレバレッジ取引は専用アプリビットレ君が使えるのも独自のメリットです。

ビットレ君はレバレッジ取引専用に設計されたアプリなので、使い勝手が良く、ユーザーの評判も良好です。

外出中でもスマホの画面にリアルタイム更新のチャートを表示することができて、さらに9種類のテクニカル分析を使うこともできます。

スマホやタブレットでレバレッジ取引ができるということは、外出先やリビングでいつでもチャートを確認して、注文も出すこともできます。

レバレッジ取引の使い勝手にこだわりたい人にもおすすめの取引所です。

セキュリティ対策がしっかりしている

GMOコインはセキュリティ面でもしっかりしているのがメリットです。

日本の取引所は金融庁の登録制なのでどの取引所を選んでも最低限のセキュリティは確保されています。

しかし GMOコインはインターネット関連企業ということで技術面で信頼性が高く、運営会社が上場企業なので突然倒産したりするリスクも低く安心感があります。

具体的なセキュリティ対策としてコールドウォレットやマルチシグ、2段階認証が徹底されています。

顧客資産管理もFX取引所やネット証券の運営実績がありますので安心して資産を預けることができます。

GMOコインのデメリット・注意点

デメリット

次に、GMOコインのデメリットや注意点についても紹介します。

日本円出金は最低10,000円以上から

GMOコインのデメリットとして気をつけたいのが、日本円出金の最低金額が1万円となっているところです。

GMOコインは日本円の出金手数料が無料というメリットはあるものの、最低1万円からでないと申請できません。

たとえば、1,000円だけ出金するということはできないようになっています。

仮想通貨の送金は少額でも可能ですが、日本円を銀行口座に出金するときは、少額をこまめに出金するということができませんので要注意です。

取引する時期によってスプレッドが広いことも

これは大手の取引所はどこもそうですが、販売所のスプレッドは時期によって変動しますので、取引をする時期によってはスプレッド広いことがありますので注意が必要です。

スプレッドとは販売所形式で購入価格と売却価格の差額のことで、仮想通貨取引所の利益になる実質的な手数料のようなものです。

GMOコインのスプレッドが他社と比べて常に広いということはないのですが、取引をする時期によってはスプレッドが広いことがありますので注意しましょう。

GMOコインの開設方法を詳しく解説

パソコンと仮想通貨

それではGMOコインの口座開設方法を具体的に紹介していきます。

まず全体の流れを見ておくとどういう手続きをすることになるのか分かりやすくなるでしょう。

全体の流れは以下のようになります。

GMOコイン口座開設までの流れ
  1. GMOコインの公式サイトにアクセスする
  2. アカウントを作成する
  3. 個人情報の入力
  4. 本人確認書類の画像をアップロードする
  5. 自宅に確認ハガキが届くのを待つ
  6. ハガキに記載の認証コードを入力
  7. 2段階認証の設定をして取引開始

それぞれの流れをより詳しく説明していきます。

①GMOコインの公式サイトにアクセス

GMOコインの口座開設はGMOコインの公式サイトから行います。

パソコンでもスマホ・タブレットでも大丈夫なので、GMOコインのトップページにアクセスしましょう。

「かんたん口座開設」のボタンからアカウント作成を開始します。

 

今すぐ口座を開設する公式サイトはこちら

 

②アカウント作成

まずはメールアドレスとパスワードでアカウントを発行します。

メールはパソコンのメールアドレスをひとつ用意して、パスワードは推測されにくい英数字の組み合わせで決めましょう。

メールアドレスとパスワードを登録画面で入力すると、アカウント開設ページのURLが記載されたメールが届きます。

メールにあるURLをクリックするとGMOコインのアカウントが作成されます。

③個人情報の入力

発行したアカウントでGMOコインにログインできますが、まだ取引はすることができません。

最初に氏名や住所などの基本情報を入力していきます。

取引の目的や重要な外国の公人でないことの確認などを行います。

④本人確認書類の画像をアップロード

基本情報を入力したら本人確認書類の提出を行います。

書類提出は画像アップロードで簡単にできますので、10分もかからず終わります。

本人確認書類は以下のようなものが使えます。

本人確認書類
  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

こういった本人確認書類のうちいずれか2点を提出することになります。

アップロードしたらGMOコインで書類の審査があります。

以前は書類1点のみで登録できていましたが、現在は少し厳しくなり、2点の書類を提出する必要があります。

ただし、本人確認書類の住所と現住所が違う場合は使えませんので注意してください。

免許証と健康保険証の組み合わせなら役所などで書類を出してもらう必要がありませんのでおすすめです。

もしくは、マイナンバーカードを持っていればコンビニで住民票が出せますので、2点の書類がすぐに揃います。

⑤確認ハガキの到着を待つ

本人確認書類をアップロードするとGMOコインが書類の審査を行います。

審査に通ったら、GMOコインからアカウント認証のためのハガキが発送されます。

確認ハガキは、書類確認が終わり次第最短1〜2日で発送されて、簡易書留で届きます。

簡易書留は手渡しで配達されて受け取りにサインが必要なので注意してください。

不在だった場合は不在票が入りますので、再配達を依頼することになります。

このハガキが届くまでは取引ができませんので、できるだけ早くハガキを受け取るようにしましょう。

⑥ハガキの認証コードを入力

ハガキが届いたら、ハガキに記載されている認証コードを確認します。

仮アカウントでGMOコインの管理画面にログインして、ハガキに記載されている認証コードを入力すれば口座開設完了となります。

ハガキの確認が終わるとGMOコインのアカウントに日本円を入金できるようになります。

この記事でも後ほどやり方を紹介しますが、銀行口座から日本円を入金すれば、その資金でビットコインを購入できるようになります。

⑦二段階認証の設定

口座開設が完了したら二段階認証の設定をします。

口座開設のときに登録したメールアドレスとパスワードが一段階回目の認証方法となり、さらに追加で二段階目の認証を設定することでセキュリティを高めることができます。

GMOコインではSMS認証やスマホアプリなどの方法で二段階認証ができます。

たとえば日本円の出金や仮想通貨の送金、パスワード変更など重要な操作をするときには二段階認証が必須となります。

口座開設の所要時間は?

GMOコインの口座開設の手続きは約30分で、取引開始までの所要日数は3日程度です。

まず公式サイトでアカウントを開設して基本情報を入力し、本人確認書類を提出するまでが30分くらいです。

その後自宅に認証ハガキが届きますが、こちらは簡易書留郵便なので数日かかります。

配達時に在宅していれば受け取ることができますが、外出している場合は不在票が入り、再配達してもらうことになりますので急いでいる人は注意してください。

ハガキの認証コードを入力して取引開始なので、口座開設までの期間は数日かかるということになります。

口座開設手数料は?

口座開設手数料や初期費用のようなものは一切ありませんので無料で口座を開設することができます。

もちろん口座維持費用も無料なので、気軽に口座開設できます。

GMOコインでのビットコインの購入方法

スマホと仮想通貨

それでは実際にビットコインを購入する方法を見ていきましょう。

販売所形式の場合、取引所形式の場合でそれぞれ説明します。

まずはビットコインの買い方を選ぶ

GMOコインでのビットコインの買い方(現物取引)は販売所形式取引所形式の2種類が有ります。

それぞれに特徴がありますので、どちらの方法で購入するかをまずは決めましょう。

販売所形式はGMOコインから直接購入しますので、必要な数量を入力するだけですぐに購入できます。

取引相手が個人ではなく業者なので、大量のビットコインを待ち時間なしで簡単に売買できるのがメリットです。

取引所形式はユーザー同士の取引なので、取引板に並んでいる注文から選んで購入するか自分が取引板に注文を並べて誰かが売ってくれるのを待つことになります。

  • FXなどで取引経験がある人⇒取引所形式
  • 初心者やビットコインを買うのが初めての人⇒販売所形式

で購入しましょう。

販売所形式の購入方法

販売所形式の取引は、価格を指定する必要がありませんので、購入したい数量を入金するだけです。

数量(どれだけの量をこうにか)または金額(何円分購入するか)のどちらでも指定できます。購入方法は以下のようになります。

販売所形式の購入手順
  • 管理画面左のメニューから「販売所」をクリック
  • 購入したい通貨(ビットコインなど)を選択
  • 購入価格と売却価格を確認
  • 価格が問題なければ、購入した数量を入力する
  • 「購入」をクリック

販売所形式はとにかく簡単に取引できますので、仮想通貨が全く初めての人でも一度体験するだけですぐに慣れることができるはずです。

まずはお小遣い程度の金額で取引を体験してみましょう。

取引所形式の購入方法

取引所はGMOコインに登録しているユーザー同士で売買します。こちらは売買の価格を自分で決められるのがメリットです。

取引板の基本的な注文方法として成行注文指値注文の違いを覚えておきましょう。

成行注文は価格を指定せずに取引板に並んでいる注文から安い順に今すぐ注文を成立させます。

指値注文は金額と数量を自分で指定して、条件がマッチする取引相手が現れたときに購入が成立します。

取引所ての購入方法は以下のようになります。

取引所形式の購入手順
  • 管理画面左のメニューから「取引所」を選択
  • 成行注文か指値注文かを選択
  • 「売」「買」のうち「買」を選択
  • 購入したい数量や価格を入力
  • 「確認画面へ」をクリック
  • 注文内容を確認して購入する

取引所形式は手数料も安いので、慣れてきたら使い方を覚えるようにしましょう。

GMOコインの入金方法

ノートパソコンとお札

GMOコインでビットコインを買うための資金の入金方法を解説します。

口座を作った直後はアカウントの保有資産はゼロなので、日本円仮想通貨を預け入れしてから取引を始めます。

ここでは初心者向けに日本円の入金方法を紹介します。

GMOコインの日本円入金方法は2種類

GMOコインでは即時入金(クイック入金)と、銀行振込での入金の2種類があります。

どちらも日本円資産をGMOコインのアカウントに入金するのは同じですが、使える金融機関の種類が違ったり、入金が反映される時間が違ったりします。

基本的に即時入金に対応した銀行口座が使えるなら即時入金がおすすめです。

振込入金は信用金庫も含めて金融機関の種類に制限がありませんので、即時入金に対応した銀行口座を持っていなかったり、使いたくないときに便利です。

なおGMOコインではクレジットカードでの入金には対応していません。

即時入金とは?

即時入金はペイジーというシステムで銀行口座からリアルタイム入金する方法です。

名前の通り入金の操作をしてアカウントに反映されるまでに待ち時間がなく、即時反映されます。

土日でも夜でも即時入金できますので、すぐに取引を始めたいときにおすすめです。

振込入金とは?

振込入金は銀行や信用金庫などの金融機関からGMOコインの入金用口座に銀行振込をして入金する方法です。

即時入金に対応していない銀行口座からでも入金できるのがメリットです。

即時入金のやり方

即時入金(クイック入金)のやり方を解説します。GMOコインはクイック入金も手数料無料なので、気軽に入金しやすいのがメリットです。

即時入金に使える金融機関

GMOコインで即時入金(クイック入金)ができる銀行は以下のとおりです。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

GMOグループのGMOあおぞらネット銀行を始めとして、メガバンクやネット銀行がいくつか対応しています。

メガバンクはいずれかの口座を持っている人が多いと思いますので、GMOコインの即時入金はほとんどの人が利用できるということになります。

ただし、銀行口座の名義人はGMOコインの登録名義と一致する必要があります。

たとえば家族名義の口座から入金ということはできませんので注意してください。

即時入金の条件

即時入金の入金反映時間は待ち時間無しでリアルタイム入金です。即時入金が使える時間帯は、24時間365日いつでも利用可能です。

GMOコインでは即時入金も手数料無料で利用できるのがメリットです。

ただし即時入金は最低入金額が1,000円以上からとなっていますので注意してください。

500円だけ即時入金をするということはできませんので、1,000円未満を入金したいときは振込入金を利用しましょう。

即時入金の操作方法

即時入金は以下のような操作方法で行います。

  1. 管理画面のメニューで「入出金」をクリック
  2. 「日本円の入金」を選択する
  3. 入金に使う金融機関を選択
  4. 金額を入力して「入金開始」をクリックする
  5. 金融機関のページで画面の案内に従って操作する

GMOコインの管理画面から金融機関のページに移動して、そこで手続きを完了させる必要があります。

金融機関によってはネットバンキングの契約番号やログインパスワードが必要になる場合がありますので、画面の案内に従って操作しましょう。

振込入金のやり方

次に振込入金でGMOコインに入金する方法を解説します。

振込先口座

振込入金ではGMOコインの入金用口座に金融機関から銀行振込をすることでアカウントに入金することができます。

GMOコインの入金用口座は、GMOあおぞらネット銀行か、または楽天銀行のいずれかから選べます。

振込入金の反映時間

振込入金の反映時間は入金先の口座によって変わります。

  • GMOあおぞらネット銀行へ振込する場合:24時間いつ振込をしても数分で反映
  • 楽天銀行に振込する場合:日中なら90分程度、17時以降は翌営業日

GMOあおぞらネット銀行はGMOコインと同じGMOグループなので、反映が早く、夜や土日でもすぐに入金するのでおすすめです。

振込入金の操作方法

振込入金の操作方法は以下のようになります。

  • 管理画面のメニューで「入出金」をクリック
  • 「日本円の入金」を選択する
  • 「入金方法」で「振込入金」をクリック
  • 振込先の金融機関を選ぶ
  • 画面に表示される入金先の情報をメモに控える
  • ネットバンキングやATMなどから振込する

振込先の口座番号などの情報は、GMOコインの管理画面に表示されるものをメモしておきます。

入金用口座への振込はネットバンキングでもよいですし、銀行のATMコーナーからでもかまいません。

預金口座に入金した履歴を残したくないなら、ATMや窓口から現金で振込するという方法もあります。

ビットコインの送金方法

キーボードの上に乗っているビットコイン

最後にGMOコインで購入したビットコインの送金方法を解説します。

GMOコインからビットコインを外部のアドレスに送金することで、

  • 海外取引所など他社の取引所に移す
  • 自分のウォレットに保管する

ということができます。

GMOコインからビットコインを送金する操作は以下のような流れとなります。

ビットコインの送金操作の流れ
  • ①送金先のアドレスを準備
  • ②GMOコインにログインしてビットコインを送金

①まずは送金先アドレスを準備

ビットコインを送金するには、送金先のアドレスを準備する必要があります。

これは銀行振込でお金を振り込むときの口座番号のようなものです。

GMOコインから他の取引所に送金するなら、送金先の取引所にログインして「仮想通貨の入金」などの操作を行い、アドレスを取得しておきます。

自分のウォレットに送金したいならウォレットのアドレスを調べて準備しておきましょう。

スマホのアプリでQRコードを表示させて簡単にアドレスの準備ができることもあります。

一度送金すればGMOコインのアカウントに送金先として登録できますので、同じアドレスに送金するときは、アドレスの準備は最初の一回だけですみます。

②GMOコインにログインしてビットコインを送金

次に、GMOコインの管理画面にログインして、準備したアドレス宛にビットコインの送金を行います。

  • 管理画面のメニューで「入出金」をクリック
  • 送金したい通貨(ビットコインなど)を選択
  • 送金する先のアドレスを入力
  • 数量を入力する
  • 二段階認証を行う

ビットコインの送金には二段階認証が必要なので、準備してから操作しましょう。

送金手数料など

他社の取引所では送金手数料が別途かかることが多いですが、GMOコインから送金手数料は無料です。

ただし仮想通貨のネットワーク内でマイナー報酬として支払う手数料は実費がかかりますので注意してください。

  • 最低送金額:1回あたり0.02BTC以上
  • 最高総金額の上限:1日あたり10BTCまで

となっています。10BTC以上を送金したいときは2日に分けて送金するようにしましょう。

まとめ

GMOコインの口座開設方法やビットコインの買い方をお伝えしましたが、初心者でも使いやすい取引所ということがお分かりいただけたと思います。

GMOコインは8種類の仮想通貨を扱っていますが、その8種類すべての通貨で販売所形式と取引所形式が選べるというメリットがあります。

販売所形式は初心者でも売買しやすいですし、取引所形式なら手数料が安く済むというメリットがありますので、売買の目的や自分の取引経験に応じて使い分けしましょう。

口座を作るときに本人確認書類の提出がありますが、スマホで写真を撮ってインターネットでアップロードするだけなので5分ほどで完了します。

事前に登録の流れに目を通しておけば驚くほど簡単に口座開設ができると思います。

もちろん口座開設費用や維持費用は無料なので、少しでも興味がある人は気軽に登録してみてはいかがでしょうか?

今すぐ口座開設する公式サイトはこちら

コインチェック