NEWS

少しの差が大きな差になる仮想通貨の手数料

コインチェック

仮想通貨の売買や送金の度に必要となる手数料


仮想通貨の売買や送金には手数料がかかり、その手数料はプラットフォームによって異なります。

それぞれの手数料を比較してみると、大きな差は感じられないかもしれません。

しかし、定期的に取り引きしたり、送金を行ったりしていると、大きな差になってしまいます。

取引所のウォレットは仮想通貨売買に便利ですが、長期的に仮想通貨を保有するならプライベート・ウォレットが必要になります。

しかし、取り引きの度に取引所に送金するのは手間がかかり、不便です。

そのため、多くのウォレットは取引所としての機能も提供しています

この場合、取引所へのアクセスはウォレットを通じて行われ、取引所への登録等を行う必要はありません。

便利なウォレットサービスのデメリット


保存と売買(両替)という2つのサービスが一つのウォレットで提供されれば、とても便利です。

しかし、デメリットがないわけではありません。

それは、手数料がかかるということです。

サービスを利用すると、料金が発生します。

ブロックチェーン上の取り引きにはリソースの使用が必要であり、マイナーに支払われる報酬も必要で、それらは誰もが納得できる程度の金額です。

仮想通貨を利用する上で発生する料金は、利用する側が自由に決めることができます。

受け取る側は、多く支払われる取り引きを優先的に処理します。

取引所の手数料


しかし、取引所では定額の料金が明確に示されています。

取引所は仮想通貨市場と従来の金融市場を結び付ける重要なハブの役割を担っています。

取引所は中央集権的な仕組みのため、それぞれの取引所は分かりやすい独自のルールを定めています。

仮想通貨市場にはたくさんの取引所が存在しており、その信頼性は多くのユーザーのフィードバックや、自身の経験によって評価できます。

ウォレットの手数料


一方で、ウォレットの場合は、少し話が違ってきます。

ほとんどのウォレットは無料で利用できますが、ウォレット側も何らかの方法で収入を得なければなりません。

そのため、ウォレットごとに送金や売買サービスを提供する際の独自の料金が設定されています。

ただ、ウォレットは手数料が明確になっていない場合も多くあります。

定額が公表されているものもありますが、取引結果から自動的に差し引きされているウォレットもあります。

そのため、自分自身で実際に利用しなければ、比較できません。

そこで、いくつかのウォレットを調査しました。

次に示す表は、2020年5月8日の同じタイミングで、0.1BTCはどのくらいのイーサリアム(ETH)に両替できるかをまとめたものです。

BRD 4.53 ETH
Exodus 4.55 ETH
Atomic 4.58 ETH
Coinomi(changelly) 4.54 ETH
Coinomi(coinswitch) 4.59 ETH
Guarda 4.59 ETH
Lumi 4.59 ETH

ここに挙げたウォレットは、App StoreまたはGoogle Playで提供されている人気のあるウォレットです。

1回の取り引きで発生する差はあまりないように見えますが、定期的に取引していると、思わぬ大きな金額になってしまいます。

問題となる仮想通貨に関する手数料

こういったことは、仮想通貨取引の大きな問題として認識されています。

仮想通貨の世界は分散化されており、取引所を統括する機関はありません

取引所は、ルールや手数料などを自由に設定できます。

そのため、事前の通告なしで急に手数料を変更したり、きわめて小さく表示されていたり、あるいは取引結果でしか分からないということもあります。

まとめ


「コインチェック事件」を機に、仮想通貨ウォレットの重要性は広く認識されるようになりました。

最初は仮想通貨を安全に保管するのみの機能しか持たなかったウォレットですが、次第に進化して、今では取引所と連携して両替サービスを提供するウォレットが多く存在しています。

しかし手数料については特に決まったルールがなく、当然と思っていた料金が、別のウォレットと比べると高額だったということもあります。

進化するウォレットサービスで、これから求められるのは透明性です。

分かりやすく、安心して利用できるということが、今後のウォレットサービスで重要なポイントになります。

Crypto Exchange Fees: Current Situation and Issues
(仮想通貨の手数料:現状と問題点)
コインチェック