NEWS

イーサリアム2.0のローンチは早くても2021年後半を予定

コインチェック

ブテリン氏が今年7月のローンチを認めた?


イーサリアム(ETH)の考案者ヴィタリック・ブテリン氏から、イーサリアム2.0(ETH2.0)のローンチは今年7月には行われないということが明らかにされました。

今週の初め、ETH2.0のローンチ日程について、情報が錯そうしていました。

ブテリン氏がインタビューで7月のローンチを認めたことが発端でした。

ブテリン氏は「ETH2.0は7月にローンチするのか?」という質問に対し、「イエス」と答えましたが、その後、ETH2.0テストネットの構築を行っているアフリ・スクーデン氏に訂正されていました。

スクーデン氏ブテリン氏の発言の後にツイートし、最終テストはまだ実施段階に達しておらず、立ち上げられていないことを公表しました。

さらに、「ブテリン氏は7月にローンチすると言ったとは思ってない」とツイートしました。

ブテリン氏もインタビューでの内容について誤解が生じたことを訂正するためにツイートを行い、「質問の中に『7月』という言葉が含まれているのを聞き逃したようだ」と述べ、改めて「7月にローンチすると言ったつもりはない」と釈明しました。

なお、スクーデン氏によると、ETH2.0フェース0は、早ければ2021年後半にローンチされる可能性があるとしています。

PoWからPoSへ


ETH2.0は、フェーズ0がローンチされると、現在のPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Steak)にコンセンサスアルゴリズムが変更されます。

ブテリン氏によると、最初はアプリケーションやバリデータ(※1)をほとんど持たない状態でスタートし、フェーズ1が開始されるとシャーディング(※2)が可能になります。

※1バリデータ:入力されたデータに誤りがないかを判断する機能。またはそのためのソフトウェア。
※2シャーディング:データベースにおける分割手法の一つ。

その後、ETH2.0は完全にPoSシステムとして機能し始めます。

シャーディングによって、イーサリアムはスケーラビリティ問題を解決でき、ネットワークのセキュリティ機能や分散性を損なうこともありません。

ただし、PoSシステムへの移行は、イーサリアムのコミュニティ内で問題として議論されています。

PoSシステムでは、資産家はネットワークの保護と検証のために、コインを保有することで報酬が得られます。

バリデータに参加するには32ETHが必要になるため、資産を多く保有する人が、さらに資産を得ることになります。

一方、イーサリアム財団ダニー・ライアン氏は、PoSシステムはPoWシステムよりも多くの人が参加でき、公平であると述べています。

PoSシステムへの移行はイーサリアムのロードマップに含まれていましたが、その時期については明確に示されておらず、移行の時期が注目されていました。

まとめ

イーサリアムは時価総額では2位に位置し、1位のビットコインとは全く異なるプラットフォーム型の仮想通貨として確固たる地位を築いてきました。

当初からいくつかの段階に分けてのバージョンアップがロードマップで示されており、PoSへの移行も予定されていました。

今回のスクーデン氏の発言によって、早ければ2021年後半にETH2.0がローンチされるということが分かりました。

投資家の間では、早くもPoSによる報酬を得るために32ETHを確保する動きが起きているようです。

ビットコインの半減期の値動きだけにとらわれていると、別の動きを見逃してしまうかもしれません。

仮想通貨の世界は、毎日がとてつもない速さで流れていきます。

Vitalik Buterin Clarifies When Ethereum 2.0 Launch Can Be Expected
(ヴィタリック・ブテリン氏がイーサリアム2.0ローンチの時期を明確に)
コインチェック