NEWS

イーサリアム・クジラの減少とともにビットコイン・クジラが増加

コインチェック

イーサリアム・クジラが減少


市場に影響を与えるほどの巨額の資産を有する資産家を、金融界では「クジラ」と表現することがあります。

普及が進んでいるとはいえ、まだまだ規模の小さな仮想通貨界においては、クジラの影響は他の金融市場よりも顕著に表れやすくなります。

イーサリアム(ETH)の価格は今年に入ってから50%近く上昇している一方で、クジラのウォレット・アドレス数は減少しています。

1万ETH以上を保有するアドレスの7日平均は、今週1,050口座にまで減少しました。

ブロックチェーン分析企業グラスノード(Glassnode)によると、2019年1月以来最も少ない数字です。

イーサリアム・クジラのアドレス数は、最高値を記録した昨年12月の1115口座から、約6%下落しています。

ビットコイン・クジラは増加


イーサリアム・クジラのアドレス数が減少しているのとは対照的に、ビットコイン・クジラのアドレス数は増加しています。

1万BTC以上を保有するアドレスの7日平均は、4月末時点で111を記録し、2019年8月以降の最高値を記録しました。

5月12日のビットコインの半減期はビットコイン価格を押し上げる大きな要因となり、多くのアナリストによって広く議論されていました。

今年3月12日に3,867ドルまで暴落したビットコインは、わずか5日間で700ドルまで急速な回復を見せました。

そのことも、ビットコインが強気市場に向かっているとの期待感を強める一因になりました。

そのため、ビットコインの半減期を前に、イーサリアムからビットコインに乗り換えるクジラもいたと思われます。

イーサリアム・クジラが減少するのと同じタイミングで、ビットコイン・クジラが増えたことからも明らかです。

仮想通貨の貸し出しプラットフォームを運営するデフィナー(DeFiner.org)のCEO兼共同創設者であるジェイソン・ウー氏によると、ビットコインは資産を保管するために利用されるため、今後もこういった傾向は強まると予想しています。

イーサリアムの場合は、イーサリアムプラットフォームで行われる様々な取引や決済に基づいて収益化を実現するシステムであるのに対し、ビットコインの場合はビットコイン自体が価値を持った資産と見なされます。

イーサリアムはDeFi市場に流入


イーサリアム・クジラのアドレス数が減少している原因として、DeFi(分散型金融)への投資家の関心が高まっていることも挙げられます。

仮想通貨取引所コインスイッチ(CoinSwitch.com)の共同創設者アシシ・シンハル氏は、収益を図るためDeFiのスマートコントラクトに多くのイーサリアムを移動させたかもしれないと考えています。

DeFi情報サイトのデフィプラス(DeFiPulse.com)によると、DeFiにロックアップされているイーサリアムは2月時点で323万ETHと過去最高を記録し、現在はさらに28%増加して265万ETHとなっています。

急成長を続けるDeFi市場はイーサリアムの独占状態にあり、デフィプラスに掲載されている213件のプロジェクトのうち、199件がイーサリアム上に構築されています。

イーサリアムの口座は増加傾向


イーサリアム・クジラのアドレス数が減少するのとは対照的に、32ETH以上のアドレス数の7日平均は11万4千口座を超え、今年に入ってから4%以上増加しています。

このことは、イーサリアムが「イーサリアム2.0(ETH2.0)」にバージョンアップする中で、コンセンサスアルゴリズムがPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Steak)に変更されることが大きな要因になっていると考えられます。

マイニングによって報酬を得るPoWとは異なり、PoSでは保有することで報酬が得られます。

ETH2.0では、32ETH以上の保有によって報酬が得られます。

まとめ


イーサリアム・クジラにとって、イーサリアムでは売買によって利益を出すのではなく、DeFiという新しい金融商品を利用する手法が人気になっています。

仮想通貨市場は大きくなったと言っても、他の金融商品と比べると、まだまだ小さな規模です。

時価総額は、仮想通貨全体で17兆円弱、そのうちイーサリアムは2兆3千万円です。

ちなみに株式市場は日本だけで時価総額575兆円、アマゾン創設者のジェフ・ベゾス氏の資産は14兆円です。

仮想通貨界では影響の大きなクジラの動きには要注意ですが、我々は、まずは32ETHを確保して、PoSの恩恵にあずかれるところから始めましょう。

Many Ether Whales Might Be Leaving for Bitcoin: Data
(多くのイーサリアム・クジラはビットコインに向かって出発する可能性)
コインチェック